NPO法人福祉広場ブログ

NPO法人福祉ひろばのスタッフブログです
かぶり男子

先日、朝の情報番組を見ていたら、"かぶり男子急増中"というのがテーマになっていた。「かぶり男子」って何だろうと思いながら見ていると、「服装がかぶっている(同じ)男子」という意味だった。番組の調査では、渋谷や大学のキャンパスで、単にコーディネートが似ているというのを越えて髪型、服の組合わせ、鞄が同じだったり、中には同じTシャツの色違いを友達同志で着ていたりというかぶり男子たちが、インタビューを受けていた。私が驚いたのは、服装がかぶっていることをどう思うかという質問に対してほとんど(30人中28人)が「イヤではない」「逆にうれしい」「安心する」と答えていたことだ。番組では、ユニクロやGAPなどファストファッションが主流であることや、以前はカタログ的だったファッション誌の内容が最近は、こう着るべしとHow to的になってきているからと分析していた。
同じTシャツがたくさん売っているからこそ、それをいかに自分らしく着るかということや流行をさりげなく取り入れるのがファッションの楽しさじゃないのか。「同じが安心」という感覚がわからないわけではないが、私が違和感を感じたのは、ファッションじゃないことに置き換えたら、ちょっと恐いなと思ったからだ。「同調すること」が、時には強い圧力になることがある。そんな時「自分には違う意見がある」ということが言いにくい傾向もあるのかもしれない。

……このblogは、青森に向かう電車の中で書きました。青森は、とにかく遠い。東に向かうということで、極地的な大雨、地震など何が起きるかわかりませんが、行ってきま〜す!(療育ひろば 市原真理)





日時 2013年08月09日 10:46 | 固定リンク | コメント (5)

1. 名前:りえ 日時:2013/08/10-00:04 
かぶり男子…初めて聞きました(-_-;)一昔前のペアルックと同じ発想なのでしょうか…自分の旦那がそれしたら引きますね。気を付けて行ってきてください!

2. 名前:いけぞえもと 日時:2013/08/12-18:14 
出来るだけかぶらないようにするのがファッションだと思っていたけれど、違うんですね!でも考えなくてよくなるのは思考停止でよくない!

3. 名前:井上吉郎 日時:2013/08/13-07:13 
違うことが当然視されるのが当然と思うのですが。服装も考えも人生も。

4. 名前:yeezy boost 350 日時:2016/08/09-04:53 <URL>
Heya i’m on the way to the primary turn here! ! I have across thshould be board and that people in finding Ive had really helpful & it helpmale erectile dysfunction me back down much! I ag hoping to unleash something aget your hands on and ano . others welcome you helped methere was

5. 名前:fake bvlgari 4 band ring 日時:2016/10/10-23:05 <URL>
Great Article…I usually recommend these concepts to grooms for weddings. ?It adds character to their pictures.
fake bvlgari 4 band ring http://www.bzero.cn/en/bvlgari-bzero1-4band-yellow-gold-ring-p-208.html


この記事にコメントする(ただし5件を超えると受理できません)
お名前

メールアドレス

URL

コメント

   情報を記憶

NPO法人福祉広場です。

最新の記事

  • 大好き柴犬
  • あっという間に・・・・
  • 新しい時代に適応
  • 年の瀬ですね。
  • メリークリスマス

  • 最新のコメント

  • 大好き柴犬 (いけぞえもと)
  • あっという間に・・・・ (いけぞえもと)
  • 新しい時代に適応 (いけぞえもと)
  • 予防接種? (KeepGoing365.COMスーパーコピー)
  • 年の瀬ですね。 (いけぞえもと)
  • メリークリスマス (いけぞえもと)
  • 予防接種? (いけぞえもと)
  • Eテレ (いけぞえもと)
  • 電動自転車で紅葉狩り (最高級ウブロスーパーコピー)
  • グラニフのTシャツ (いけぞえもと)

  • <<   2013年08月   >>

    Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    月別

  • 2020年01月 (3)
  • 2019年12月 (5)
  • 2019年11月 (4)
  • 2019年10月 (4)
  • 2019年09月 (3)
  • 2019年08月 (4)
  • 2019年07月 (4)
  • 2019年06月 (3)
  • 2019年05月 (4)
  • 2019年04月 (4)
  • 2019年03月 (4)
  • 2019年02月 (4)
  • 2019年01月 (4)
  • 2018年12月 (4)
  • 2018年11月 (5)
  • 2018年10月 (4)
  • 2018年09月 (4)
  • 2018年08月 (4)
  • 2018年07月 (4)
  • 2018年06月 (5)
  • 2018年05月 (4)
  • 2018年04月 (4)
  • 2018年03月 (5)
  • 2018年02月 (4)
  • 2018年01月 (4)
  • 2017年12月 (5)
  • 2017年11月 (4)
  • 2017年10月 (5)
  • 2017年09月 (4)
  • 2017年08月 (4)
  • 2017年07月 (4)
  • 2017年06月 (5)
  • 2017年05月 (4)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (5)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年09月 (5)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (6)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (4)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (4)
  • 2014年10月 (5)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (5)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (5)
  • 2014年01月 (5)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (4)
  • 2013年09月 (4)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (4)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (4)
  • 2012年11月 (5)
  •