NPO法人福祉広場ブログ

NPO法人福祉ひろばのスタッフブログです
Japanese Hip Hop

みなさん、こんにちは!
居宅支援ひろばの松村です!

皆さんは日本語ラップは聴きますか?
私は昔から「チェケラッチョ」くらいの認識しかなく、「ダセ〜」とバカにし続けてきました。
しかし、近年のMCバトル(1対1の即興ラップ対決)のブームなどをきっかけに少しずつ作品を聴くようになり、今年からすっかり日本語ラップにハマってしまいました。
ラップも音楽自体も非常にカッコいい作品がたくさんあり、偏見にとらわれていたかつての自分を深く反省しました。
というか、そもそも「チェケラッチョ」と言ってる人が1人もいなかったです。
で、ラップの魅力と言えば、やっぱり「韻」ですね。
曲を聴きながら韻を踏んでいる箇所を探してみたり、口に出して真似してみたり、すっかり韻のとりこになってしまいました。
昔は、韻と言えば「アルミ缶の上にあるミカン」や「バスガス爆発」的なダジャレだと認識していましたが、ラッパーたちの韻に対するこだわりは凄くて、5文字6文字の長い韻を続けたり、短い韻を連続で畳み掛けたり、お尻で踏んでから頭で踏んだり、そこにメッセージ性や詩的な魅力も重なって、とても面白いですね。
そこで今回は「福祉広場」で踏める韻を私が一晩かけて考えてきたので、それをお伝えして終わりたいと思います。

「福祉広場 すぐに行こか」

居宅支援ひろば 松村

日時 2019年08月16日 08:00 | 固定リンク | コメント (1)

夏の風物詩

蝉の声がにぎやかで、夏真っ盛りですね。
毎日平熱よりもアツい気温で猛暑続きですので、
熱中症など体調には十分お気を付けください。

暑すぎる夏、どんな風にお過ごしですか?
そんな暑い夏を乗り切るためのお楽しみやイベント。

夏と言えば……



…つづきを読む


日時 2019年08月09日 23:46 | 固定リンク | コメント (1)

写真展

写真展の案内が2つ届いた。

ひとつは、障がい児を育てる親たちによる写真展「しあわせのかたち」。1年に1回開催されていて、今年で10回目になる。親の目線で撮った写真からは、毎年子どもたちの成長が伝わってくる。色々なことに挑戦している姿、卒業・入学、兄弟たちと過ごしている様子・・・たいへんなことも色々あるだろうが、今年もまた写真展が行われるという案内をもらうとなんだかホッとする。https://tokotokokyoto.org/

もうひとつは、17歳の少年の「17年展・ケイヨウの写真館〜ルーツのあるストーリー・僕が今ここにいること〜
6歳から写真をはじめ、今は支援学校高等部に通っているケイヨウくんの写真展。こちらもまた、写真を撮っているケイヨウくんの視点が1年1年変化していて毎年見に行くのを楽しみにしている。http://www.dohjidai.com/gallery/exhibition/

紙に印刷された写真自体をみることが減ってきているが、どちらの写真展も、ブログやインスタのようなデジタル媒体とは違って、1枚1枚をゆっくりと、昔の思い出や写真の背景にあるものを思い浮かべながらみることができる。
興味のある方はぜひアドレスをクリックしてみてください!   ひろば 市原


日時 2019年08月03日 15:06 | 固定リンク | コメント (0)

岐阜のいいとこいろいろ

更新遅れてしまいました、、!すみません…。

7月真ん中の連休で岐阜の友達の家に遊びに行ってきました。
友達の家は揖斐郡というところにあります。その周辺にいろいろ遊びに連れて行ってもらいました。

鮎の掴み取り(高田水産というところでやりました!)、黒野駅レールパーク(2005年廃止の駅を改修した公園)、柳ヶ瀬商店街、谷汲山の華厳寺などなど。
…つづきを読む


日時 2019年07月27日 14:42 | 固定リンク | コメント (0)

7月26日に出ます!

13年ぶりに単著を世に出すことができました。題名は『いつからでもやり直せる子
育て第2章』。2001年に『いつからでもやり直せる子育て』を出してから18年がたっ
ていますが、今こそこの題名を子育て中のママやパパに贈りたいと強く思いました。
子育てがしにくく、子どももがんばらされて、親子ともどもしんどくなっている相談
をたくさん受ける中での実感です。第2章と加えたのも、子育ても人生も第1章だけで
はなく、2章も3章も、次々と扉が開き、前に進んでいけると考えたからです。子育て
も人生も後ろへは戻れません。前へどのようにして進んでいくかが大切なのではと考
えました。私にあと何章人生の舞台が用意されているかわかりませんが、今与えられ
た舞台で、しっかりと役割を果たしたいと思います。

 本書が子育てや人生に悩める人たちの手元に届くことで、少しでも新たな章が開い
たらよいなと思っています。ほんとうはつけたかったタイトルは、「私だって甘えた
い!いいね!いいよ!、まあいいか!」でした。私が初めて甘えさせてもらって出し
た拙著という意味も、読んでいただけたらわかると思います。

まあいいかが許されない不寛容な社会になる中で、自己責任ではなく、誰かに、何か
に甘えることができる社会こそ、平和で誰もが生きやすい社会だと思います。
池添 素

日時 2019年07月20日 12:06 | 固定リンク | コメント (0)


NPO法人福祉広場です。

最新の記事

  • Japanese Hip Hop
  • 夏の風物詩
  • 写真展
  • 岐阜のいいとこいろいろ
  • 7月26日に出ます!

  • 最新のコメント

  • Japanese Hip Hop (いけぞえもと)
  • 夏の風物詩 (いけぞえもと)
  • フジロック (いけぞえもと)
  • 京都大作戦 (いけぞえもと)
  • 初占ってきました (いけぞえもと)
  • 梅雨 (スーパーコピー 激安ブランド通販 - KEEVOO)
  • 梅雨 (いけぞえもと)
  • 初! (いけぞえもと)
  • 今日も食べました〜 (いけぞえもと)
  • 疲れ目に効く方法が知りたいです (いけぞえもと)

  • <<   2019年08月   >>

    Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    月別

  • 2019年08月 (3)
  • 2019年07月 (4)
  • 2019年06月 (3)
  • 2019年05月 (4)
  • 2019年04月 (4)
  • 2019年03月 (4)
  • 2019年02月 (4)
  • 2019年01月 (4)
  • 2018年12月 (4)
  • 2018年11月 (5)
  • 2018年10月 (4)
  • 2018年09月 (4)
  • 2018年08月 (4)
  • 2018年07月 (4)
  • 2018年06月 (5)
  • 2018年05月 (4)
  • 2018年04月 (4)
  • 2018年03月 (5)
  • 2018年02月 (4)
  • 2018年01月 (4)
  • 2017年12月 (5)
  • 2017年11月 (4)
  • 2017年10月 (5)
  • 2017年09月 (4)
  • 2017年08月 (4)
  • 2017年07月 (4)
  • 2017年06月 (5)
  • 2017年05月 (4)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (5)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年09月 (5)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (6)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (4)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (4)
  • 2014年10月 (5)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (5)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (5)
  • 2014年01月 (5)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (4)
  • 2013年09月 (4)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (4)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (4)
  • 2012年11月 (5)
  •