NPO法人福祉広場ブログ

NPO法人福祉ひろばのスタッフブログです
好きなこと 苦手なこと

こんにちは!学童ひろばの北島です。

みなさん、突然ですが、
動物園は好きですか?
水族館は好きですか?

お出かけやデートの定番の場所ですよね。

なのに私、動物園も水族館も全く楽しめないんです(;一_一)
檻の中や水槽の中の生き物を見て、何も感じないというか・・・
一緒に触れ合ったり、食べたりするのは大好きなのですが、
どうしても見て楽しめないというか・・・笑

という話を、ここ1ヶ月くらいの間に何回かいろんな人とした気がするのですが、必ず
「え〜?!」とか「そんな人いるん?!」
と言われます。
あ、自分ってちょっと変なんかな?と思った瞬間でした(=_=)

それで、そんな私の好きなものと苦手なもの(ジャンルはバラバラですが)を、紙にリストアップしてみました。その一部を載せますね。(興味のある方は、ご覧ください)

<好きなこと>
・ドライブ
・カラオケ
・ショッピング
・バスケ
・ドッヂボール
・音楽
・数学
・掃除

<苦手なこと>
・動物園
・水族館
・インターネットショッピング
・バレーボール
・テニス
・歴史
・作文
・ごみ出し

一つ一つ、理由はあるのですが、そこは省略で!
かなり私的なことですみません。でも、一人でこうやって考えていると、過去のいろんなエピソードを思いだしたリして、意外と面白かったり♪
こんな感じで、全然まとまり無いですが、今日はこの辺で!

                       (北島 心)

日時 2013年04月26日 19:33 | 固定リンク | コメント (5)

ジブンデ!?

新年度が始まってしばらく経ちましたが、みなさん生活は落ち着かれましたか?
ひろばは新年度に入ると同時にすこーしだけ様変わりしたのですが、私にとってはずいぶんと仕事の環境が変わりました。

でもその変化のおかげで、久しぶりに「新生活」というものが味わえました。

社会人になる前は4月になると学年が変わったり、先生が変わったり、何かと「新生活」を味わうことができたのですが、年齢が上がるにつれ、4月だからと言って勝手に「新生活」は来てはくれなくなってきました。

そんなある日「ひたすらペンキを塗る」という仕事がありました。 利用してくださっている方の展覧会の準備だったのですが、芸術家の方々にペンキの塗り方やイメージをお聞きしながらやっていると、段々楽しくなってきて…

とうとう自分の家の家具まで塗ってしまいました!!(笑)

ずっと「この家には合ってないなぁ」と思っていた家具。でも買い替えるのはもったいない…そんな話をしていたら、芸術家の方々は「じゃあ塗ればいいじゃないですか☆」とあっさり。

さすが!発想力が違うΣ(゜ロ゜;と感心しました。

そして、思い立ったらやらずにはいられない性格の私は、その週末に教えてもらったものを調達して、せくせくと庭で作業し始めました。

最初は"一人でこっそり"と思っていたのですが、そんな楽しそうなことに寄ってこないわけがない! 息子と主人ももれなくついてきて、結局三人ですることになりました。

サンドペーパーでコーティングをとり、スプレー状のペンキで二度塗り、乾かしている間に近所にお花見に行って、乾いたらクリアースプレーでコーティングして、見事完成!! 多少の素人作業っぽさはありますが、自分で手を入れたものには、なんだか愛着が沸いてきます☆

家具の色が変わると部屋の様子も変わって、プライベートでも新生活が始まったような気にもなりました♪

息子は只今、なんでも「ジブンデ!!」な時期です。「ジブンデしないと気がすまない!」という感じです。正直、少々面倒だなと思う瞬間もあります。でもジブンデしたことで得られる達成感がある。そんな気持ちが共感できたひとときでした☆
(居宅支援ひろば 小島)

日時 2013年04月19日 09:57 | 固定リンク | コメント (3)

皆さんの中学時代は?

 あっという間に4月!!
「児童発達支援事業所ひろば」も8日から新年度が始まりました。スタートを迎えるにあたり、準備や掃除・・・
本当に時間ばかり過ぎていきます。

 私の出勤ルートでは、桜の花をバックに、新品の制服を着た 学生さん、大きなランドセルを背負って登校する可愛い小学生。
リクルートスーツ姿の社会人もちらほら!
緊張した面持ちで、通勤・通学をしている姿を見て、こちらまで
気の引き締まる思いになります。
 私はどちらかと言うと、新年度や新たな事をする時に、形から入るタイプなのです。今回は「ふでばこやペン」なんぞ!文房具を全部そろえ購入してしまいました。心機一転 がんばるぞ〜!っという思いであります。

 さて、昨年より少し耳にして気になっていたことがあります。
京都府公立高校の入試制度が26年度から変わるということです。 説明会をさぼって・・知識がなかった事もあるのですが。
 通学圏の統合、今までは南北2通学園あったのが、京都市地域
の普通科設置校21校から自由に志願する高校を選ぶ事ができる
ようになるのです。
T類(一般コース)U類(進学コース)類型の廃止。各校どのようなコースを用意するかは、今後公表されるようです。
しかし、選べるメリットと入りにくくなるデメリット(家庭にもよりますが)それぞれ複雑な思いです。

 特徴は内申書が中1〜中3すべて評価されるということ、
難点なのが、調査書点として評価されてしまうので、中3に
なって頑張ったからといって中1・2の調査書を取り戻すこと
はできないのです。 (情報を間違っていたらごめんなさい)

私は京都出身ではなく滋賀県大津市に住んでいました。
自由に志望するシステムだったので、それがあたり前だと思っていました。中学時代は何も考えず、あそびや部活動で自由気まま
の日々・・・!3年生のみ頑張った記憶が?
べんきょうの「べ」の字もありませんでした。戻れる時代が
あれば、やっぱり中学生かなーと友達とよく話していたものです。

 最近の子供たちは、塾・その他の習い事で忙しそう!!
どの年齢・学年になっても「家でゆっくり・のんびり」は大事ですね。
                 ( 療育ひろば 今西 ) 





日時 2013年04月12日 22:12 | 固定リンク | コメント (5)

一週間早く咲く誇った桜

一週間早く咲く誇った桜、私はこの季節が大好き。秋の紅葉とともに、人生を考える季節です。「今年も桜に出会えた」とお正月からの無事を実感し、もみじを観るまでがんばろうと、なぜか思うのです。

 それにしても福祉広場の事務所がある北野白梅町周辺には桜の名所が多い。近くは平野神社、嵐電の桜並木、嵐山、御室など、観光客が集まりにぎわっています。ところが、道々やお宅のお庭に見事な桜が「季節ですから咲きました」とでもいいたげにフツーに咲き誇っています。私のお気に入りは洛星高校の校門の桜たちを東から西に向かってみるアングルです。ソメイヨシノとシダレサクラの重なり合ったピンクの濃淡は、それは美しい。時期は異なりますが、もうすぐ一面にシバサクラが咲き始めます。

 そしてもう一つは自宅から見えるお隣さんの桜。西側のお隣さんはこの地域の歴史を全部知っているぐらい年季が入った大木で、もう散り始めています。そして南側にはよそのお宅の桜が二階から見下ろせます。どちらも相方がベランダで歩行訓練するときに彩を添えます。たいへんなリハビリを楽しみにかえてくれる近所の桜に感謝。何処にいても、何していても楽しめるのが京都の桜ではと再認識。

 新年度の1回目に順番が回ってきました。ちょうど4月の第一週は療育ひろばや学童ひろばでは新しいお友達を迎える準備、居宅支援ひろばは春休みのお出かけなどでいつもとは違う忙しさで毎日が過ぎていきます。

 昨年の6月にNPO法人福祉広場に名称や体制をかえ新しいスタートを切り、がむしゃらに走ってきました。今年度は「ゆっくり、じっくり、たっぷり」と実践や事業運営に向き合いたいと思っています。できるかなー!私にはケッコー難しい課題なのですが。


日時 2013年04月05日 18:58 | 固定リンク | コメント (5)


NPO法人福祉広場です。

最新の記事

  • 秋の京都
  • 将来を託す選挙に行きましょう!
  • ベランダ菜園
  • ずいき祭
  • この連休は

  • 最新のコメント

  • 秋の京都 (いけぞえもと)
  • ベランダ菜園 (いけぞえもと)
  • ずいき祭 (いけぞえもと)
  • この連休は (いけぞえもと)
  • 秋ですねえ (いけぞえもと)
  • きゅうり栽培 (いけぞえもと)
  • 絵手紙始めてみました (いけぞえもと)
  • 楽しかった同窓会 (いけぞえもと)
  • 小児訪問看護利用者懇談会、第1回目 (いけぞえもと)
  • お盆休み (いけぞえもと)

  • <<   2013年04月   >>

    Su Mo Tu We Th Fr Sa
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30        

    月別

  • 2017年10月 (4)
  • 2017年09月 (4)
  • 2017年08月 (4)
  • 2017年07月 (4)
  • 2017年06月 (5)
  • 2017年05月 (4)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (5)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年09月 (5)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (6)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (4)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (4)
  • 2014年10月 (5)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (5)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (5)
  • 2014年01月 (5)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (4)
  • 2013年09月 (4)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (4)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (4)
  • 2012年11月 (5)
  •