NPO法人福祉広場ブログ

NPO法人福祉ひろばのスタッフブログです
電車の中で

先日、電車に乗ったときのこと。

一組の親子が、私が立っていた近くの座席に座った。お母さんは、「飲んでいいよ」と缶ジュースを座席の前のテーブルに置き、その後は、電話に夢中。子どもは、まだオムツをしていて2歳後半くらいの体格だった。
 
さて、この子の次の行動は・・・?と思って見ていると、さすがに缶ジュース(キャップをまわしてあけるタイプ)は、開けられず、「あけて」と母に差し出した。母は、電話の片手間にキャップを少しゆるめて子どもに渡し、子どもはそこから自分であけて飲み始めた。その後、この子がなんとも絶妙に物の操作を行っていて驚いた。

子どもの手には大き過ぎる缶ジュースを持っているだけでもハラハラするのに、母はさらにハイチュウを一つ子どもに渡した。すでに缶とキャップで両手がふさがっている。どうするのかなと思っていたら、キャップを持っている手で受け取り、まずハイチュウを自分の足と足の間に一度置き、缶ジュースのキャップをしめてハイチュウを食べ始めた。ハイチュウの包み紙は母親がしていたのを真似て、テーブルに置いた缶コーヒーの飲み口に入れようとしたが、子どもの目線からはどこに穴があるのか穴の大きさがどれくらいかもわからず、手探りではなかなか入らなかった。入らないことに気づくと今度は包み紙を小さくたたんでもう一度チャレンジして、上手に入れた。そしてもう一度ジュースを飲もうと思って缶を持ったところで今度は母がハイチュウを3個渡してきた。母は子どもがどんな状況かは、まったく見ていない。成人式の話で盛り上がっている。・・・さすがに次はどうする?と見ていると、一瞬動きが止まり、考えている間があった後、ハイチュウを上着のポケットに入れて、ジュースを開け飲み始めたのだった。

何気ない光景なのかもしれないが、ちょっとした発達検査を見ているようだった。缶ジュースとジュースのキャップとハイチュウとハイチュウの包み紙(しかもハイチュウは3個!)
複数の物を扱いながら“~してから〜する”の連続技。

あらためて子どもってすごいなと思った。置かれた環境の中でたくましく生きている。
“勉強になりました、ありがとう”と心の中でつぶやきながら電車を降りた。   ひろば 市原


日時 2017年01月27日 20:58 | 固定リンク | コメント (1)

正月雑煮考

今年の正月は、家でのんびり過ごした。
少し時間があったので、年末には、久しぶりに「鯖寿司」を作った。(右下)あんまり久しぶりだったので、自信がなかったが、作ってみると、やっぱり自分の味は、自分の好みに合っている。
我ながら「旨い!」
少し自信を取り戻した。

年が明けて、元日。
今度は雑煮を作ってみた。
朝は京都風。(左上)
昆布出汁と白味噌。
みりんで少し甘味を整える。
人参と大根を梅の花にして、
里芋を転がす。
餅は丸餅を茹でて、かつお節を上に乗せる。
子どもの頃から親しんだ味は、
やはり「正月」を実感させる。

昼は関東風に挑戦してみた。(左下)
鰹出汁と濃口醤油のお澄ましで、
きりっとした味に仕上げる・・・
つもりだったのだが。
奥さんの母親の実家、鹿児島では、
鶏肉を入れるというので、
モモ肉をいれてみた。
鶏肉から甘味が出て、
少しラーメン風の味になった。
餅は角餅を焼いて入れる。
子どもには好評だった。

聞くところによると、
全国のほとんどの雑煮が、
「お澄まし」タイプだそうだ。

夜は、
奥さんの父親の実家、福井風。(右上)
福井では、白味噌に餅だけというところもあるそうだが、
奥さんの実家では、
通常の味噌汁に餅が入るらしい。
これにとろろ昆布とかつお節をたっぷりかけて食べる。
これはこれで、なかなか美味しい。


いろいろ味わえて、お得感があった。
私の料理の腕も、少しは上がったかしら。
昔と違って、今は正月らしいのも元旦ぐらいだ。

今年は、どんな年になるだろうか。
いっぱい楽しみを見つけて、
美味しい一年になりますように。

  学童ひろば  塚本 章人


日時 2017年01月20日 22:14 | 固定リンク | コメント (1)

今年は何位?

最近、学童ひろばのスタッフ間で今年の運勢を調べるのが流行っています!

誕生日毎に1位〜366位まで発表されているサイトがあって、みんなで自分の誕生日を言いながら今年の順位を確認して、一喜一憂するのを楽しんでいます。
きっと、いろいろなサイトがあるのだと思いますが、私達が見ていたサイトによると、私は今年は366位中111位!
……うーん、まぁまぁですかね。

因みに今年の1位は 1月28日で、今流行りの星野源さんの誕生日だそうです^ ^

順位も気になりますが、今年も精一杯やっていけたらと思います!

学童ひろば 北島


日時 2017年01月13日 20:30 | 固定リンク | コメント (2)

新年あけましておめでとうございます

 あっという間の年末年始が過ぎ、そしてもう仕事が始まって4日目。昨年も月日がロケットのごとく飛び去って行きましたが、今年もこの調子だと、あっという間に一年がすんでしまいそうです。

 『子どもの時間』という保育所での日常を描いたドキュメント映画を昔見ましたが、確かに、子どもには子ども時間、大人には大人時間があるように思います。早く大きくなりたいと思う気持ちは、時間にブレーキをかけ、ゆっくりと進みます。反対に大人はあれもしなくちゃ、これもしなくちゃとと気ばかり焦り、実際はなかなか物事が進まないので、アッというまに時間が過ぎていきます。きっと大人も子どもの気持ちになって、歳を取ったらこんな風に生きたいと、現実から離れて考えてみると、なかなかそうなれないので、時間にブレーキがかかるかもしれません。
 
 いずれにしろ、66年生きてきた私は67年目の人生に向けて走り出しています。昨年電動自転車で転倒した古傷がまだ痛みますが、今年は安全運転で、京都市内を走り回りたいと思います。そして、さすがに京都市内から離れては自転車は無理ですので、車が運転できない私は、新幹線や在来線のお世話になります。時間を抱えながらの空間移動は思いのほか楽しい時間です。

 今年も早朝ウオーキングで歩きから一日を始めて、走りながら、たくさんの子どもたちやお父さんお母さん、先生方と一緒に考えていきたいと思っています。

 今年も福祉広場をどうぞよろしくお願いいたします。池添 素

日時 2017年01月07日 18:01 | 固定リンク | コメント (0)


NPO法人福祉広場です。

最新の記事

  • 秋の京都
  • 将来を託す選挙に行きましょう!
  • ベランダ菜園
  • ずいき祭
  • この連休は

  • 最新のコメント

  • 秋の京都 (いけぞえもと)
  • ベランダ菜園 (いけぞえもと)
  • ずいき祭 (いけぞえもと)
  • この連休は (いけぞえもと)
  • 秋ですねえ (いけぞえもと)
  • きゅうり栽培 (いけぞえもと)
  • 絵手紙始めてみました (いけぞえもと)
  • 楽しかった同窓会 (いけぞえもと)
  • 小児訪問看護利用者懇談会、第1回目 (いけぞえもと)
  • お盆休み (いけぞえもと)

  • <<   2017年01月   >>

    Su Mo Tu We Th Fr Sa
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31        

    月別

  • 2017年10月 (4)
  • 2017年09月 (4)
  • 2017年08月 (4)
  • 2017年07月 (4)
  • 2017年06月 (5)
  • 2017年05月 (4)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (5)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年09月 (5)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (6)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (4)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (4)
  • 2014年10月 (5)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (5)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (5)
  • 2014年01月 (5)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (4)
  • 2013年09月 (4)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (4)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (4)
  • 2012年11月 (5)
  •