NPO法人福祉広場ブログ

NPO法人福祉ひろばのスタッフブログです
ソゲがささる

先日「ソゲがささる」という言葉が話題になった。
意味が分からない人がいたのだ。
「トゲがささる」と言い換えると理解できる。
私自身その場では「きっと関西弁や」と説明しておきながら、
どこか腑に落ちない所があった。

私達は「トゲ」の事を「ソゲ」と言っているわけではない。
「ソゲ」と「トゲ」は別物なのだ。
「トゲ」というのは、バラの刺とかサボテンの刺とか・・・。
それに対して「ソゲ」は、
木のささくれが手に刺さった時だけ、それをそう呼ぶ。
手に刺さらない時は「ソゲ」とは言わない。
だから「トゲが刺さる」と言うと、
バラとかサボテンとかウニとかを触ったのかとなる。

そこで少し調べてみた。
「トゲ」とは「尖る」から生まれた言葉で、
生き物が生き残るため、
尖った針状のもので外敵から身を守る武器のこと。
それに対して
「ソゲ」は「削げる」から生まれた言葉で、
そがれた小さな木片を表している。

思えば昔は家も学校も木造で、
柱や敷居、窓の桟などがささくれていると、
ぞうきん掛けをしている時に、
よく「ソゲ」が刺さったものだった。

ソゲを抜く道具の事は「ソゲ抜き」と言った。
「トゲ」なら、手で抜ける。
小さな木片だからこそ、抜きにくいのだ。
だから「ソゲ抜き」だと言える。

調べてみたら、スッキリした。
「ソゲが抜けた」ような気分だ。
     (勉強ひろば 塚本)


日時 2015年01月30日 09:50 | 固定リンク | コメント (5)



今年のお正月は、すごい雪でしたね!
京都市は、20p積もったんだとか?

子どもの頃から、ずっと京都府南部に住んでいる私にとっては、雪が積もるなんて、年に1〜2回あるかないか、積もっても数センチだったので、少しでも積もった日はうれしくて、うれしくて仕方がない・・・といった感じだったのを思い出しました。
でも、そんなはしゃいでいる私とは対照的に、
「今日車で出勤できるか?!」
「雪やし早めに出発しな!早く準備して!」
と、困っている父や母の姿も思い出しました。
大人になったら、雪が降ってもうれしくなくなるのかな〜なんでやろな〜と、子ども心に感じていたのを覚えています。

そして、今年のお正月。
朝起きてみると、一面真っ白・・・・・
「・・・え?! 今日バイク乗れる?! いやいや無理やろ! 電車? え〜混んでそう・・・遅れてたら困るし、早く出発せな! もーーーなんで雪積もってるねん(>_<)」
と、テンションの下がっている私がいました。昔の父や母のように。

お正月が明けて、通ってくる子どもたちに
「お正月、雪いっぱい積もったなぁ!」
と、話しかけると、
「雪だるまつくってな、雪合戦してな、かまくらつくってな、それで、それで・・・・」
と、嬉しそうな顔をしながら、楽しかった思い出をたくさん話してくれます。

そんな子どもたちを見て、「あ〜私も子どもの頃はそうだったな〜」と、ちょっと大人になった自分を感じていました。

学童ひろば 北島

日時 2015年01月23日 22:00 | 固定リンク | コメント (5)

出会いとつながり

 今年に入り何十年かぶりに、偶然再会した方が、3人も出会いました。(^^♪この重なりは何だろうか?懐かしさがよみがえってきます。

 その一人は、私が若い時に出会った当時2歳の子どもです。もう今では成人で 2○歳になっています。彼女はある店のレジを担当し、仕事を頑張っていました。会計を済ませようとやり取りをしていると、名札に目が行き、見ると〜ちゃんだ!!と気づきました。仕事中でもあり、混んでいたので、そっと通り過ぎようとしましたが、お釣を手にすると目線が私に・・・彼女は分かってくれていたのです。会話はできませんでしたが、にっこり微笑み「元気にしているよ!」とばかり会釈をしてくれました。
立派に自立して頑張っている姿が見られたこと、そして覚えていてくれたこと、本当に嬉しかった。

実は私は彼女のことをじっくり見ていても、小さい頃の面影がなく
きれいなお姉さん(^^)でしか見えなく驚くばかり。(私はおばさん?になっているんだろうなぁと)

 
 昨日と今日の差はとても小さいけど、日々目の前のことに忙しくなかなか自分の成長や変化に、ついて意識していくのは少ないだろうと思います。
今回の再会で過去から今までをじっくり考えていく時期なのか?
過去の出会いがあり今があると、新鮮な気持ちで前に向かってまた前進して行こうと力になりました。
〜ちゃん・〜さん達ありがとう!

さて、児童発達支援事業ひろばでは、今日夕方〜「第二回保育園・幼稚園・関係機関先生向けの学習会」を行いました。60名ほどのたくさんの方が参加してくださいました。療育や発達のことを中心に皆さんと一緒に学べたことは本当に貴重な時間でした。ありがとうございました。
 それも、出会い・人と人とのつながりがあるのだと、今後もよりつながりを深め、支えになり又支えられ頑張っていきたいとおもいます。
                療育ひろば  今西



日時 2015年01月16日 23:44 | 固定リンク | コメント (5)

女装しました

皆さん、こんにちは!
居宅支援ひろばの松村です。

先日大学の友人の結婚式に出席したのですが、そのときの余興で、人生初めての“女装”を経験してしまいました。
事前にメイクだけしてみたり、ドレスだけ着てみたり、それぞれバラバラにリハーサルをしてみて、「フーン、まあこんなもんか」ぐらいの温度だったのですが、当日控え室でフルメイクとドレスアップ、最後に友人が持って来てくれたウィッグを装着し、鏡の前に立った瞬間、一気に「え.....これが.....わたし....!?」状態になり、完全にスイッチが入ってしまいました。
本番に向けた自己暗示が危ない方向へいき、
「みんながわたしを見てる!」
「わたしが一番きれい!」
と謎の錯覚をしながら、最高潮の気分のまま、本番が終了しました。
その後、大学の入学式用に買ったスーツに戻り、メイクを落とし、本番前の緊張感を和らげるため流し込んだアルコールが抜けたとき、「あれは何だったんだろう」と虚無感に襲われながらも、心のどこかで「ちょっと楽しかったな...」と思いながら家路につきました。
よくテレビなんかで、イヤイヤ女装をさせられつつも、ちょっと満更でもない顔をする芸人を見たりしますが、自分がまさにその状態でした。
「また女装をする機会があって、それでもしハマってしまったらやばい」と思いながらも、家族の「この前の女装グッズ処分しよか?」との言葉に対し、「うーん、一応取っとこか...」と返す自分にハッと気がつき、今年結婚式で余興をする予定の友人に女装グッズを譲ることにしました。

居宅支援ひろば 松村


日時 2015年01月09日 17:00 | 固定リンク | コメント (1)

今年もどうかよろしくお願いします。

新年あけましておめでとうございます。
真っ白な大雪とともに2015年が始まりました。降り始めたと思ったら、あっという間に足元が隠れるぐらい積り、一面の雪景色。子どもたちは雪だるまや雪合戦に精を出しました。福祉広場の駐車場や庭も雪で隠れてしまいました。福祉広場もこの雪のように、これまで以上に実践を積み上げ、働き甲斐のある仕事をつくり、縁あってつながった皆さんへ最高の療育や支援がお届けできるように力を尽くしたいと思います。
 
福祉広場の近くには北野天満宮、通称天神さんがあり、いつもなら初詣で大混乱の場所。この雪では露店の皆さんの稼ぎが心配、何より身動き取れない人はいないだろうか。私は昨年の石巻行で買ったブーツが活躍。その時は全く使わず、まさかの京都での活躍してくれました。
 真っ白なスタートとなりました。福祉広場は今年二つの事業所を立ち上げる予定です。それに伴い、新しいメンバーも迎えて、一層大きな人の輪となります。考える、議論できる、実践する、検証する実践や支援が進められるような一年にしたいと思います。
 福祉広場につながってくださっている皆さんの健康な一年と活躍の365日をご一緒に。



日時 2015年01月02日 10:22 | 固定リンク | コメント (5)


NPO法人福祉広場です。

最新の記事

  • ライス&ビール
  • 月に一度のお楽しみ♪
  • 梅酒
  • 暑い……
  • やってしまいました!

  • 最新のコメント

  • ライス&ビール (いけぞえもと)
  • 月に一度のお楽しみ♪ (いけぞえもと)
  • 梅酒 (いけぞえもと)
  • 暑い…… (いけぞえもと)
  • HDLコレステロール上昇。 (hermes picotin 31 handbags replica)
  • HDLコレステロール上昇。 (セラタ)
  • HDLコレステロール上昇。 (いけぞえもと)
  • GWは (いけぞえもと)
  • 甥っ子 (いけぞえもと)
  • ポテト女子会(^^) (いけぞえもと)

  • <<   2015年01月   >>

    Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    月別

  • 2017年06月 (4)
  • 2017年05月 (4)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (5)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年09月 (5)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (6)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (4)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (4)
  • 2014年10月 (5)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (5)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (5)
  • 2014年01月 (5)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (4)
  • 2013年09月 (4)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (4)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (4)
  • 2012年11月 (5)
  •