NPO法人福祉広場ブログ

NPO法人福祉ひろばのスタッフブログです
バーンスタインとカラヤン

「のだめカンタービレ」の主題曲だった「ベト7」ことベートーヴェンの交響曲第7番。
山本直純が著書『オーケストラがやってくる』の中で
「ベートーヴェンが、この曲にタイトルをつけてくれていたら・・・」と嘆いていた。

標題好きの日本人には
『運命』『田園』『悲愴』『新世界』などは売れるけど、
標題のない『ベト7』や『ブラ1』は、
CDや演奏会のチケットが売れにくいのだ。

『ベト7』は、覚えやすいメロディにあふれた名曲だ。
「のだめカンタービレ」の再放送を見ていて、無性に聞きたくなってしまった。聴き始めると、いつもの悪い趣味で、聴き比べをしたくなった。

まずバーンスタイン(左側)をかけてみた。
最初、聴き始めた瞬間に奥さんは、
「これは違う」と拒否した。
聴きなれた「ベト7」とは全く異なった印象だったからだ。
しかし少し進むと、彼女は、この演奏にすっかり心を奪われてしまった。
春の若葉のような暖かく淡い色彩感。
ピンクや若草色に彩られた可愛い景色が浮かぶ。
そんな「ベト7」は初めてだった。
思わず頬が弛む、笑顔になれる演奏だった。


次にカラヤン(右側)をかけてみた。
出始しは良かった。
バーンスタインのが「違う」という感じだったので、奥さんも
「これこれ。これが『ベト7』よ。」
と上機嫌で座って聴き始めた。

しかし5分と持たなかった。
彼女は用事を思い出し、食器洗いや洗濯物の取り入れに戻ってしまった。


バーンスタインが流れていると手を止めて聴き入っている彼女は、
カラヤンの演奏だと無意識に聴き流してしまう。
私自身も、
バーンスタインの演奏を聞いていると、
いろいろな色彩や映像が見えるのに、
カラヤンの演奏だと、
演奏しているオーケストラの映像しか頭に浮かんでこない。

確かに、楽譜を美しく再現することにかけては、
カラヤン以上の指揮者はいないかもしれない。

しかしバーンスタインの演奏を聴くと、一つ一つの楽器が、演奏者が、
のびのびと歌い上げている感じがするのだ。
「私はここにいるよ」とおとなしい楽器も、美しいメロディを奏でる。
「オレはこんな美しいメロディを歌ってるんだぜ」と、
普段は目立たない演奏者も胸を張って奏でる。
バーンスタインは、そんな楽器や演奏者に、
「もっと歌っていいんだよ。
 君は、こんなに素敵なんだよ」
と語りかけているような気がする。
時にバランスや全体の調和を崩す時もあるが、それでも、
一人一人が生き生きと歌い上げている事に感動するのだ。


私たちもこの世界で、社会の枠組みや規律に縛られ、周囲に合わせて窮屈に生きている。その中で、弱い者、周りと少し違う者は片隅に追いやられ、時には排除されてしまうこともある。
そんな世界を変えたい。
だれもが、自分の歌を思い切りのびのびと歌うことが許される世の中。
それが本当のノーマライゼーションだと思う。
自分の仕事も、そんな仕事になればいいと願っている。
バーンスタインが大好きなのは、
彼の音楽にそんな夢を重ねて見ているからなのかもしれない。

塚本 章人



日時 2016年04月29日 20:30 | 固定リンク | コメント (1)


NPO法人福祉広場です。

最新の記事

  • 音韻すごろく
  • ■ ブログデビュー
  • 新型コロナウィルス
  • 無題です  かっぱえびせんです
  • 大好き柴犬

  • 最新のコメント

  • 音韻すごろく (いけぞえもと)
  • ■ ブログデビュー (いけぞえもと)
  • 新しい時代に適応 (パネライコピー)
  • 新型コロナウィルス (いけぞえもと)
  • 無題です  かっぱえびせんです (いけぞえもと)
  • 大好き柴犬 (いけぞえもと)
  • あっという間に・・・・ (いけぞえもと)
  • 新しい時代に適応 (いけぞえもと)
  • Eテレ (gucci スーパーコピー メンズ)
  • 予防接種? (KeepGoing365.COMスーパーコピー)

  • <<   2016年04月   >>

    Su Mo Tu We Th Fr Sa
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    月別

  • 2020年02月 (2)
  • 2020年01月 (5)
  • 2019年12月 (5)
  • 2019年11月 (4)
  • 2019年10月 (4)
  • 2019年09月 (3)
  • 2019年08月 (4)
  • 2019年07月 (4)
  • 2019年06月 (3)
  • 2019年05月 (4)
  • 2019年04月 (4)
  • 2019年03月 (4)
  • 2019年02月 (4)
  • 2019年01月 (4)
  • 2018年12月 (4)
  • 2018年11月 (5)
  • 2018年10月 (4)
  • 2018年09月 (4)
  • 2018年08月 (4)
  • 2018年07月 (4)
  • 2018年06月 (5)
  • 2018年05月 (4)
  • 2018年04月 (4)
  • 2018年03月 (5)
  • 2018年02月 (4)
  • 2018年01月 (4)
  • 2017年12月 (5)
  • 2017年11月 (4)
  • 2017年10月 (5)
  • 2017年09月 (4)
  • 2017年08月 (4)
  • 2017年07月 (4)
  • 2017年06月 (5)
  • 2017年05月 (4)
  • 2017年04月 (4)
  • 2017年03月 (5)
  • 2017年02月 (4)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年09月 (5)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (4)
  • 2016年05月 (4)
  • 2016年04月 (6)
  • 2016年03月 (4)
  • 2016年02月 (4)
  • 2016年01月 (5)
  • 2015年12月 (4)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (4)
  • 2015年08月 (4)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (4)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (4)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (4)
  • 2014年11月 (4)
  • 2014年10月 (5)
  • 2014年09月 (4)
  • 2014年08月 (5)
  • 2014年07月 (4)
  • 2014年06月 (4)
  • 2014年05月 (5)
  • 2014年04月 (4)
  • 2014年03月 (3)
  • 2014年02月 (5)
  • 2014年01月 (5)
  • 2013年12月 (4)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (4)
  • 2013年09月 (4)
  • 2013年08月 (5)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (4)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (5)
  • 2013年02月 (4)
  • 2013年01月 (4)
  • 2012年12月 (4)
  • 2012年11月 (5)
  •