福祉広場イラスト 福祉広場目次へ

最新更新ページ


◆ひゅうまん京都

◆ひゅうまん京都


編集長の毒吐録

☆2017/6/25更新☆

昨24日、「京丹後と南西諸島をつなぐ連続学習会」が開かれた(参加者30人余)。スピカ―は二人、一人は「南西諸島ピースネット」共同代表の猪俣哲さん(日本最西端の島・与那国に2004年に移住、カフェを営む)、島への自衛隊基地建設に反対し、同じような計画がある島の運動と連帯して、南西諸島の軍事基地化に警鐘を鳴らしてきた。

もう一人は永井友昭さん、「米軍基地建設を憂う宇川有志の会事務局長」。永井、猪俣の順で話をして、対談、軍事基地建設で、地域のまとまりが失われるさまが二人から共通して出された。

南西諸島(馬毛島、奄美大島、沖縄本島、宮古島、石垣島、与那国島)では自衛隊軍基地が猛烈な勢いで建設されている。メディアが伝えず、知ることの少ない島々の「いま」を知る機会になった。「集団的自衛権行使容認」路線、「安保法制」体制のもと、「専守防衛」軍であることを投げ捨てた自衛隊と米軍はタッグを組んで、「戦争できる国」を走っている。

その様子が京丹後市・経ヶ岬でのレーダー建設、沖縄本島(高江、辺野古)での米軍基地建設・強化・増強をつないで理解することでよくわかった。「上を向く」(負けない、宇宙軍拡が進む)がキーワードになった。

バックナンバーはこちら

 
福祉にまつわる怒り、ほのぼの、なるほどがいっぱいつまったウエブマガジン
 ひゅうまん京都の表紙絵からとびだしました
  渡辺あふる美術館
 自然の息吹が写真と 
  「北の大地―幌内原野」から
   子どもたちの愛らしい笑顔 
 
今日の風景

酉いろいろ
(写真・文 スタッフ。クリックしてみてください)

困ったときは…
福祉なんでも相談
給食のプロが作るレシピ集

    乳幼児が大喜び
乳幼児レシピ
    おいしい治療食への招待
治療食レシピ

最新更新ページ
福祉川柳道場破り どっちもドッチ
フリートーク

 


●発行元/NPO法人福祉広場
〒603-8324 京都市北区北野紅梅町85
弥生マンション内
First drafted 1.5.2001 Copy right(c)NPO法人福祉広場
福祉広場ロゴ小  目次へ