福祉広場イラスト 福祉広場目次へ

最新更新ページ


◆ひゅうまん京都

◆ひゅうまん京都


編集長の毒吐録

☆2020/6/1更新☆

パンデミック宣言、感染者は約600万人、広がるクラスター禍、歩行者わずか、市バス走るも客少なし、観光バス0台。“安倍内閣 総辞職!”のプラスターを掲げて、ゴリちゃん+ミッキーちゃん+ミニーちゃん+白うさぎのしろっきーちゃんら、入れ替わり立ち替わりの11人で、7時45分から9時まで、4月6日以来の無言宣伝。クラクションで合図する人、わざわざ寄ってくる高校生、会釈する人数人、ハイタッチも。

31日「朝日歌壇」≪集会も講演もなくメーデーと憲法記念日過ぎゆく今年(木戸聡)≫佐々木幸綱選、≪見回して人目なければマスク外すみずみずしさや新緑の空や(松村幸一)≫高野公彦選、≪この春に初めて遭ひたる言の葉の〈納体袋〉ふかぶか淋し(櫂祐子)≫永田和宏選評「このパンデミックが無ければ出会わなかった言葉が多くある」、≪コロナ禍の業務日誌の空欄に大きく記す「ヨシキリ初音」(原田浩生)≫馬場あき子、「朝日俳壇」≪コロナ禍の今こそ泳げ鯉幟(縣展子)≫長谷川櫂・大串章選、≪手作りのマスク送る子どもの日(和田英)≫大串章選。

●沖縄と日本に大きく影響する沖縄県議選が告示され、7日に投票日を迎える。玉城県政を支える勢力が、引き続き多数を占めんことを願う●定例の「白梅町憲法カフェ」(6月5日〈土〉午後5時〜7時、福祉広場2階)は『日米地位協定』の中の「日本の承認なく私有地封鎖」「賠償金支払い 拒む米軍ば」(テキストは主催者が準備)、講師は井上吉郎。●冊子『入院の記 病室からの風景』(200円)の評判上々。売れ行き好調、お陰で43人から430冊の注文。中には50冊という人も。

バックナンバーはこちら

 
福祉にまつわる怒り、ほのぼの、なるほどがいっぱいつまったウエブマガジン
 ひゅうまん京都の表紙絵からとびだしました
  渡辺あふる美術館
 自然の息吹が写真と 
  「北の大地―幌内原野」から
   子どもたちの愛らしい笑顔 
 
今日の風景

子いろいろ
(写真・文 スタッフ。クリックしてみてください)

困ったときは…
福祉なんでも相談
給食のプロが作るレシピ集

    乳幼児が大喜び
乳幼児レシピ
    おいしい治療食への招待
治療食レシピ

最新更新ページ
福祉川柳道場破り どっちもドッチ
フリートーク

 


●発行元/NPO法人福祉広場
〒603-8324 京都市北区北野紅梅町85
弥生マンション内
First drafted 1.5.2001 Copy right(c)NPO法人福祉広場
福祉広場ロゴ小  目次へ